Author Archives: yoshimoto

少額の借り入れならカードローンが便利です

数年前、キャッシングやカードローンによる破産者を出さないようにしようとして考えられたのが、総量規制という法案です。
これは、年収のうちの3分の1までしかお金を貸せませんよという法案で、これにより破産者を防ごうという狙いがありました。
けれど、これまで複数のカードローン会社からお金を借りて、それで生活費としていたような、かなりお金に少々困っていたというような人からすれば、お金が借りられなくなってしまい、迷惑なことこの上なしということになりました。
そこで、総量規制対象外のところからまたお金を借りなければならないということになり、銀行や消費者金融を検討することになります。
そこそこまとまったお金を借りるとなれば、返済利息も高くなりますし、借りるにあたっての融資審査も厳しくなるのは致し方のないところでしょう。
その点、年収があり、その3分の1の範囲内で借り入れができれば、お金の問題はクリアされるという方であれば、審査がスピーディで、借りたり返したりがATMで簡単にできるカードローンが使えれば、問題なしということになります。
お給料日前の数日間を借りるのに、銀行から下ろすと数百円かかる手数料を考えると、数日借りて数十円のカードローンの方がお得ということもあります。
こうした利用の仕方であれば、借りてもせいぜい数万円、返済はお給料が出たらすぐにということになり、支払利息の負担も、元金返済のための負担も軽くて済みます。
何枚ものカードを作り、自転車操業などということもありません。
かつてはそれができましたが、今では総量規制によってできなくなったからです。
銀行や消費者金融ならまとまったお金を貸してくれますが、貸すにあたっては、返済期間や貸すための金利が最初に決められます。
人によってはかなり細かく打ち合わせをしなければならない必要性も生じてきて、お金の問題が一層根深くなることは間違いありません。
そこで、年収の3分の1の借り入れでお金の問題をクリアできるよう、お金の使いかたを見直すとともに、もしも困った状態になったとき、機動力にあふれ、便利に使えるお金の調達方法を確保しておくことが大事になってきます。
カードローンであれば、年収を超えてまでお金を借りるということが最初からできない分、利息を払う必要は生じてきても、コツコツと返済していけるので、手堅く借金をチャラにできるということになります。
時間はかかっても、安心して借りられ、そしてきちんと返済していける方法でお金を借りるのが、あとあと自分を追い込まずに済むのではないかと思われます。
そのためにも、とりあえず借りられるのであればどこでもいいやというのではなく、可能な限り低金利で借りられるところはどこか、考えることが大事でしょう。
無利息期間というサービスなどもしていますので、そういった付加価値のあるサービスを提供している会社はどこかということも調べ上げたうえで、持つにしても1社、あるいは2社程度にとどめておくのがいいのではないでしょうか。